目と目の間隔を意識して選ぶ

自分に似合うメガネを選ぼう

メガネは視力矯正に役立つ存在ですが、顔の印象を変えるのにも役立ちます。メガネは現在、実に多くのデザインが登場していますが選ぶデザインによって、キュートな印象になったり、知的な印象を与えたりと様々な変化を楽しむことができます。自分に似合うものを選ぶことができれば、より魅力的に見せることもできますが、反対に似合わないものを選んでしまうとせっかくの魅力が半減してしまう可能性もあります。選ぶポイントとしては、自分の目鼻立ちに合うものを選ぶことが大切ですので、フレームの形やレンズの大きさ、色などを好みで選ぶのはもちろん、できるだけ目鼻立ちを美しく見せられるタイプ、顔の欠点をカバーできるタイプを選びましょう。

ブリッジ幅に注目しよう

メガネを掛けるとより目元が目立つ傾向にありますので、目元が魅力的に見えるデザインを選びたいところです。似合うメガネを見つけるためにはブリッジ幅にも注目してみましょう。ブリッジは左右のレンズとの間にある、鼻に掛かる部分ですが、あまり目立たない部位ということもあり、ブリッジの間隔はあまり重視していないという人も少なくありません。人によって目と目の間隔が広い人と狭い人がありますが、間隔の広さをカバーするのであれば、ブリッジの幅が広いものを選んでおくことがおすすめです。逆に、目と目の間隔の狭さが気になるという人はブリッジ幅が狭めのものが向いています。実際に掛けてみると顔に合っているかどうかを判断しやすくなりますので、購入の際は必ず試着して選んでいきたいところです。